満足できる外壁リフォームを実施するためのサイト

>

美しく機能的な外壁のために

この記事をシェアする

サイディングとモルタル

外壁の素材には、さまざまな種類があります。

現在最も多く使われているのが、「サイディング」です。
これは、あらかじめ工場で生産された板状の外壁です。
工場で生産されるため、品質は安定していてしかも安く、デザインや機能のバリエーションも大変豊富であることが大きな特徴といえます。
耐用年数も比較的長いですが、交換とは別に、日々の劣化に対応するための定期的なメンテナンスが必要となります。

かつては、「モルタル」が外壁の主流でした。
これは、砂とセメントを混ぜた材料です。
継ぎ目が出ないという利点がありますが、費用が高いことと、職人の腕に出来栄えが左右されやすいという難点もあります。
モルタルを選ぶ際には、職人の腕が確かであるか口コミなどでチェックする必要があるといえるでしょう。

タイルと、その他の機能的な塗装

さて、もう一つの外壁の選択肢は「タイル」です。
タイルを模倣したサイディングよりも美しさがあります。また、タイル自体の耐久性も高く、その美しさは長く保たれるでしょう。
一方、費用はサイディングより高くつきます。
また、タイルの剥がれ、下地の劣化などには、メンテナンスで対応する必要があります。
以上のことを考えると、タイルはやや贅沢な選択肢と言えるかもしれません。

主要な材料に加えて、補助的な表面塗装も検討するとよいでしょう。防水や防音、火災防止や、ほかにも温度天候変化耐性、断熱性など、魅力的な材料が存在します。
とくに、耐久性が高まる種類のものは、定期的なメンテナンスが頻繁でなくなったり、メンテナンス費用が安く済むことが多いです。
長期的な視点から、費用を抑えることになるかを考えるとよいでしょう。