満足できる外壁リフォームを実施するためのサイト

>

トラブルを回避するための注意点

この記事をシェアする

外壁の色がイメージと違う!

外壁のリフォームの際には、「こんなはずじゃなかった」と後悔することや、業者とトラブルになることがあります。
そういった事態にならないために注意すべきことをみていきましょう。

まずは、外壁の色の選択についてです。
カタログ上の色見本を見ていい感じだと思っても、日光に当たった実際の外壁の色を見るとイメージが違うことがあります。
また、隣の家や周りの木々との兼ね合いで、実際の仕上がりが思い描いていたものと違ってがっかりするということもあります。

外壁の色を選択するにあたっては、色見本を見るだけで決めるのではなく、日光に当たった時のイメージや周囲の物との親和性を考えて決めるべきでしょう。
とくに、派手な色を選ぶときには慎重に判断するべきだといえます。

見積もりと実際費用、素材と塗料の相性

見積もりと実際の金額が違うというトラブルが起こることもあります。
たとえば、最初に見積もりで提示された料金には足場の代金が含まれておらず、後から請求されるといったようなことです。
他の業者より安いからその業者を選んだのに、足場代を含めると結局ずっと高くなってしまうということもしばしばあるようです。
見積もりの代金に必要なものがすべて含まれているのか、あとから別の料金を請求されることがないか、しっかりと確認したうえで契約しましょう。

また、外壁を補修するときには、外壁の素材と塗料の性質をよく理解して施工する必要があります。
ある外壁にある塗料を塗ってしまうと、外壁がもろくなってしまったり、塗料がすぐにはがれてしまったりするのです。
外壁と塗料の相性が問題ないか、業者とよく確認してから施工するようにしましょう。